|ホーム|お問い合わせ(メール)| ホーム>調査・研究>交通問題調査研究委員会

関西道路研究会タイトル

交通問題調査研究委員会
委員長

日野 泰雄
(大阪市立大学大学院教授)



研究委員会の概要と
平成24年度の活動内容

本委員会では、都市における震災と道路、都市における自転車問題など、各種交通問題の現状と課題に関する新たな情報の収集や調査研究を進めている。 
 平成24年度では、23年度に引き続き自転車問題に関して意見交換を行った。
 平成24年11月に国土交通省道路局と警察庁交通局により「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」が各道路管理者、都道府県警察あてに出され、自転車道や車道通行を原則とする自転車通行空間の計画・設計、利用ルールの徹底などハード、ソフトの両面から取り組みを進めるための標準的な考え方が示された。これを受けて、平成25年2月7日に、京阪神3市に堺市が加わり、それぞれ都市のかかえる課題について、意見交換を行い、それぞれの今後の自転車通行環境整備の取り組みに繋げていくこととした。
 


copyright(c)2006 KANSAI ROAD STUDY ASSOCIATION.All rights reserved.