|ホーム|お問い合わせ(メール)| ホーム>調査・研究>道路橋調査研究委員会

関西道路研究会タイトル

道路橋調査研究委員会
委員長

関西大学 古田 均 教授



研究委員会の 
概要と活動内容
 本委員会においては、近年における内外の橋梁業界の動向や新しい情報の収集・意見交換のため、各委員による調査研究成果、長大橋梁等の設計・施工に関する報告・発表を通して、専門知識の向上と問題意識の高揚を図っている。
 また、特定の重要な問題については、研究小委員会を組織し、より詳細な調査研究に取り組み、実務に必要な資料をまとめるなどの活動を行っている。


 
研究小委員会
について   
 1.橋梁の健全度診断技術に関する研究小委員会
  (委員長 大阪大学 鎌田 敏郎 教授)
 ・研究小委員会の設立趣旨書
  ・調査研究活動状況(第1回) H24.10.31
  ・調査研究活動状況(第2回) H25. 1.30
  ・調査研究活動状況(第3回) H25. 5.13
  ・調査研究活動状況(第4回) H25. 9.13 
 
 2.長周期・長継続時間地震動の道路構造物への影響評価に関する研究小委員会
  (委員長 京都大学 清野 純史 教授)
 ・研究小委員会の設立趣旨書
 ・調査研究活動状況(第1回) H24.11.14
 ・調査研究活動状況(第2回) H25.02.20 
 ・調査研究活動状況(第3回) H25.05.24 
 
 3.道路橋の性能設計に関する研究小委員会
  (委員長 京都大学 八木 知己 准教授)
 ・研究小委員会の設立趣旨書
 ・調査研究活動状況
 

 
−過去の活動内容−     

委員長

北田 俊行
(大阪市立大学名誉教授)



研究委員会の概要と
平成23年度の活動内容
 本委員会においては、近年における内外の橋梁業界の動向や新しい情報の収集・意見交換のため、各委員による調査研究成果、長大橋梁等の設計・施工に関する報告・発表を通して、専門知識の向上と問題意識の高揚を図っている。また、特定の重要な問題については、別途の小委員会を組織し、より詳細な調査研究に取り組み、実務に必要な資料をまとめるなどの活動を行っている。平成21年度より特定の問題について取り組んできた5つの小委員会では、平成24220日と312日に研究成果の報告会を開催した。以下、各小委員会の研究活動の概要を記す。


第1回報告会
平成24年2月20日
(大阪市立大学         
文化交流センターホール)
 社会インフラのリスク評価に関する小委員会
      古田小委員長(関西大学)
  「社会インフラのリスクに関する調査研究」の活動概要
橋梁の振動・騒音の評価 地震リスクの検討に関する小委員会
       川谷小委員長(神戸大学)
   「橋梁の振動・騒音の評価 地震リスクの検討に関する調査研究」の活動概要
 強風・波浪に基づく外力及び応答評価小委員会
       白土小委員長(京都大学)
   「強風・波浪に基づく外力及び応答評価に関する調査研究」の活動概要


第2回報告会
平成24年3月12日
(大阪市立大学         
文化交流センターホール)
橋梁プロジェクト企画調査研究小委員会
        奈良小委員長(大阪大学)
    「橋梁プロジェクト企画調査研究」の活動概要
既設橋梁の損傷の簡易点検検査及び緊急・応急補修工法検討小委員会
        杉浦小委員長(京都大学)
    「既設橋梁の損傷の簡易点検検査及び緊急・応急補修工法検討」の活動概要

copyright(c)2006 KANSAI ROAD STUDY ASSOCIATION.All rights reserved.